Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>IGP & VIN DE FRANCE>Lou Dumont (STUDIO GHIBLI collaboration)

Lou Dumont (STUDIO GHIBLI collaboration)
ルー・デュモン(「スタジオジブリ」コラボレーション)

IGP & VIN DE FRANCE Selection
   

 「スタジオジブリ」と「ルー・デュモン」のスペシャル・コラボレーションです。

 スタジオジブリのプロデューサーであり、書家としても活躍中の鈴木敏夫氏が、ルー・デュモンのワインラベルを手がけました。ラベルの「天地人」「Pinot Noir」「Chardonnay」「紅の豚」の文字は、鈴木氏愛用の熊野筆にて書き下ろし。
 そしてラベル右下の落款は、アニメーション映画監督・宮崎駿氏によるデザインです。
 ワインは、仲田さんの友人が醸造長を務めるブルゴーニュのネゴシアンが造った、南仏(IGP Pays d’Oc)産の作品からのタンクセレクションです。
 「ピノ・ノワールは、洗練された果実味に加えてほのかな樽香が楽しめるもの。シャルドネは、南仏らしい、フルーティーでコクのあるものをセレクトしました。4つの貴品種をブレンドした「紅の豚」は、バランスが良く複雑な味わいが特徴です」(仲田さん)。

TECHNICAL NOTES

所在村
Gevrey-Chambertin
醸造家
仲田晃司
所有畑面積
1.08ha
ドメーヌ継承年
2000年
販売先
輸出95%(日本、韓国、台湾、中国、香港、マカオ、シンガポール、イギリス、アイルランド、北欧3国、ベルギー、ルクセンブルグ、チェコ、アメリカ、カナダ)、フランスのレストラン5%
掲載実績のある海外メディア
「Guide Hachette」、「La Revue du Vin de France」、「Bourgogne Aujourd'hui」、「Vins et Sante」、「Gilbert & Gaillard」、「Decanter」、「New York Times」、「Wine Spectator」等
参照できる日本のメディア
「リアルワインガイド ブルゴーニュ」(堀晶代著)P143

PRODUCTS

cuvée kurosuke
キュヴェ・クロスケ

Vin Mousseux。シャルマ方式によるスパークリング白ワインです。すべてIGP Pays d’Oc産のピノ・ノワール90%、メルロー、カベルネ・フラン、シラー、グルナッシュ、サンソー10%。すべて黒ぶどうを使用した、ブラン・ド・ノワール。粘土石灰質土壌。平均樹齢30年。ステンレスタンクで醸造。MCR(濃縮ぶどう果汁)によるドザージュは7g/l。

cuvée kurosuke	 - キュヴェ・クロスケ

Pinot Noir
ピノ・ノワール

IGP Pays d’Oc。標高500メートルの粘土石灰質土壌の畑より。平均樹齢25年。ステンレスタンクでアルコール発酵後、50%をステンレスタンクで、50%を樽(うち新樽10%)でマロラクティック発酵&約半年間熟成。

Pinot Noir - ピノ・ノワール

Chardonnay
シャルドネ

IGP Pays d’Oc。標高350~500mの粘土石灰質土壌の畑より。平均樹齢15年。ステンレスタンクで発酵後、シュール・リーで約半年間熟成。

Chardonnay - シャルドネ

紅の豚
くれないのぶた

2018年1月に鈴木氏のアトリエにて収録されたラジオ番組「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」(http://www.tfm.co.jp/asemamire/)に仲田さんが出演した折、映画「紅の豚」の大ファンである仲田さんのために、鈴木氏が特別に書き下ろした書をラベルにしたものです。IGP Pays d’Oc。メルロー60%、シラー20%、カベルネ・フラン10%、グルナッシュ10%のブレンド。標高500メートルの粘土石灰質土壌の畑より。平均樹齢20年。ステンレスタンクで発酵後、約半年間熟成。

紅の豚 - くれないのぶた

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。