Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>SOUTH FRANCE>Domaine Saint-André

Domaine Saint-André
ドメーヌ・サン・タンドレ

SOUTH FRANCE Selection
OFFICIAL WEB :www.domainesaintandre.com  

 モンペリエから南西に38km、地中海を見下ろすメーズ村に200年以上続くこの歴史的なドメーヌは、2002年に、ティエリーとイネスのエベール夫妻によって購入されて以来、ワインの品質を大きく高めてきました。
 南仏地方の風土とワインの熱烈な愛好家だった彼らは、即座に最新式の醸造設備を導入したのと並行して、サスティナブル農業(≒リュット・レゾネ栽培)によるワイン造りのプロフェッショナルとして知られたセバスチャン・ビュレット(写真)を招聘し、さらに、ボルドーや南仏、ローヌで誠実な醸造コンサルティングを行っているジャック・エスピュナに依頼をして、栽培、醸造両面における刷新を行いました。
 「南仏だからといって、過剰に重く濃いワインは好きではありません。バランスが良く飲み飽きない、「ヴァン・ド・プレジール」(料理と一緒に美味しく楽しく飲めるワイン)であるべきだと思いますが、実はこれが一番難しいのです」。「ここは夜になると海風が吹き込んできて涼しくなりますので、ぶどうの繊細な香り成分を損なわないよう、収穫はすべて夜間に行っています」(以上、ティエリー・エベール)。
 ご紹介する2005年ヴィンテージは、「あまりにも素晴らしい年でしたので」完成したワインの一部をすぐには販売せずに、ドメーヌのカーヴで貯蔵しておいたものです。時間の経過とともにまろやかに熟成してゆく過程を彼自身大いに楽しみながら、レストラン等に大切に販売されています。
 実は、先に紹介したジャック・エスピュナと弊社が懇意にしている関係で、この価値あるバックヴィンテージを特別に案内していただけることになった次第です。

TECHNICAL NOTES

所在村
Mèze
醸造家
Sébastien Burette
所有畑面積
40ha
ドメーヌ継承年
2002年
栽培における特記事項
厳格なリュット・レゾネ栽培(殺虫剤は使用しない)
醸造における特記事項
ジャック・エスピュナが醸造コンサルティング。除梗100%。ステンレスタンクを使用した清潔な醸造。無清澄、ノンフィルターでビン詰め
販売先
フランス国内70%(「ジャルダン・デ・サンス」にオンリスト。地元南仏のレストランが多い。ワインショップ、個人のワイン愛好家)、輸出30%(ドイツ、オランダ、アメリカ等)
掲載実績のある海外メディア
「Gault Millau」、「Gilbert & Gaillard」、「Terre de Vins」等

PRODUCTS

l'Orangerie 2005
ロランジュリ 2005

VDP des Collines de la Maure。カベルネ・フラン50%、メルロ50%。ドメーヌの周辺に広がる砂質、粘土石灰質土壌の畑より。平均樹齢は15年(当時)。ステンレスタンクで醸造、熟成。「ロランジュリ」は「オレンジ温室」の意味で、文字通り、このドメーヌにある可愛らしいオレンジ温室にちなんで命名されました。

l'Orangerie 2005 - ロランジュリ 2005

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。