Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>SOUTH FRANCE>Clos Saint Georges

Clos Saint Georges
クロ・サン・ジョルジュ

SOUTH FRANCE Selection

 フランスで開催された某試飲会の会場で、「日本人は古酒も好きなんだって?」と声をかけてくれた、にこにこおじさん。南仏コート・デュ・ルーション地区の主要都市ペルピニャンから南に20km、トルイヤ村の有力ドメーヌ「クロ・サン・ジョルジュ」の当主、クロード・オルタルでした。
 1970年に3代目として家業を継承した彼は、自身のワイン造りにおいて国内外での名声を高める一方、叔母さんが近郊に所有していた「シャトー・ド・ラ・カモミール」における栽培とワイン造りも監修していました。このシャトーと畑を2009年に正式に相続して「クロ・サン・ジョルジュ」に統合することになった際、バックヴィンテージの在庫も一緒に相続し、それを「シャトー・ド・カンテランヌ」ブランドで引き続きご紹介することにしたものです。
 フランス各地で日常的に開催されている「サロン」(個人のワイン愛好家やソムリエを対象とした試飲即売会)に精力的に出展し、ワインラヴァーひとりひとりに熟成したワインの素晴らしさを伝えながら、古酒を大切に販売していた叔母さんの名前「シュザンヌ」を、キュヴェ名としました。
 また、造り手としてのオルタル自身、「飲み頃になってからビン詰めする」ことをポリシーとしており、彼の手になる「クロ・サン・ジョルジュ」銘柄の飲み頃バックヴィンテージも合わせて紹介してくれました。
 これまでに都合4000人以上のワインラヴァーが愛で、ビストロやワインバーを運営する真のプロフェッショナル達が大切に扱う、価値あるバックヴィンテージです。

TECHNICAL NOTES

所在村
Trouillas
醸造家
Claude Ortal
所有畑面積
140ha
ドメーヌ継承年
1970年
栽培における特記事項
リュット・レゾネ栽培(除草剤は使用しない)
醸造における特記事項
除梗100%。天然酵母のみで発酵
販売先
フランス国内70%(4000人以上の個人のワイン愛好家、ビストロを中心としたフランス全土のレストラン、ワインショップ)、輸出30%(EU各国、北欧各国、カナダ、中国)
掲載実績のある海外メディア
「Guide Hachette」、「Gilbert & Gaillard」等

PRODUCTS

Cuvée Dominique Cabernet Sauvignon 2007
キュヴェ・ドミニク カベルネ・ソーヴィニヨン

IGP Pays d’Oc。カベルネ・ソーヴィニヨン100%。ペルピニャン市の南、ピレネー山脈麓の合計9haの畑より。第四紀の粘土石灰質・泥土質土壌。平均樹齢15年)。新樽率3分の1で12ヶ月間熟成。

Cuvée Dominique Cabernet Sauvignon 2007 - キュヴェ・ドミニク カベルネ・ソーヴィニヨン

Cuvée Chevalière du Clos 2008
キュヴェ・シュヴァリエール・デュ・クロ

AOCコート・デュ・ルーション。シラー65%、 グルナッシュ25%、カリニャン10%。地元トルイヤ近郊の畑より。小石に覆われた粘土質・珪土質土壌。平均樹齢25年。45hl/haの低収量。ステンレスタンクで36ヶ月間熟成後、2011年11月にビン詰め。

Cuvée Chevalière du Clos 2008 - キュヴェ・シュヴァリエール・デュ・クロ

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。