Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>FRENCH SPARKLING>J&L Charlemagne

J&L Charlemagne
J&L シャルルマーニュ

FRENCH SPARKLING Selection
OFFICIAL WEB :http://www.charlemagne.fr/  

 「J&Lシャルルマーニュ」は、コニャックのメッカ、アングレームに1921年に設立された老舗メゾンです。自社ブランドでのコニャックの生産はもちろん、半世紀以上に渡って「レミーマルタン」や「カミュ」に原酒を供給している実力派です。また、ランス出身の創始者ルシアン・シャルルマーニュが、もともとシャンパンのエノローグだったこともあって、このメゾンはコニャック地方最大のスパークリングワインメーカーでもあります。100%シャンパーニュ方式で、この地方で唯一、瓶詰め~動瓶~デゴルジュマンに至るスパークリングワイン造りの全プロセスを自社で行っています。
 1996年にメゾンを継承して以降、醸造設備の刷新等の改革を進めてきたエマニュエル・ブイエ(写真)は、2009年、自社の資産と情熱を結集した新機軸のワイン、「スパークリングXO」を開発しました。
 同社十八番のシャルドネ100%によるブラン・ド・ブランのドザージュ(補糖)に、同社が実際に販売している最高品質のコニャックXO(商品名:Cognac XO SILVER)を使用。香りや後口にほんのりとコニャックの風味も感じますが、むしろ、ブラン・ド・ブランのコクと質感そのものが大きくグレードアップした、贅沢な辛口スパークリングワインが誕生しました。
 2010年5月に香港で開催された「VINEXPO」で大々的に発表され、各国のバイヤーを驚かせました。パリの「ラトリエ・ド・ジョエル・ロブション」や、香港の「フォーシーズンズ」ホテル内のミシュラン3つ星レストラン「カプリス」、同じく3つ星で香港最高の中華料理レストランと目される「龍景軒」といったトップレストランが、その高い品質に注目していち早く採用を決め、いよいよ各国への輸出もはじまりました。

TECHNICAL NOTES

所在村
Angoulême
醸造家
Emmanuel Bouyer
所有畑面積
200ha
ドメーヌ継承年
1921年
栽培における特記事項
リュット・レゾネ。殺虫剤は一切使用しない
醸造における特記事項
除梗しない。スパークリングワイン造りの全プロセスを自社で行う
販売先
パリの「ラトリエ・ド・ジョエル・ロブション」、香港の「フォーシーズンズ」ホテル内のミシュラン3つ星レストラン「カプリス」、同じく3つ星で香港最高の中華料理レストランと目される「龍景軒」等高級レストラン中心。輸出は開始したばかり
掲載実績のある海外メディア
発売を開始したばかりで現在出品中

PRODUCTS

Sparkling XO
スパークリングXO

Vin Mousseux de Qualité 。シャルドネはシャラント県の45haの畑より。樹齢15~25年。砂質土壌。シャンパーニュ方式で、ビン熟成12ヵ月間以上。現在販売中のものは、2008年度産のシャルドネを使用。ドザージュ(補糖)に、同社最高品質のコニャックXOを総量の1%分添加した、残糖10g/lの辛口スパークリングワインです。アルコール度数は13.5度。ローストしたアーモンドやトースト、ブリオッシュなどを思わせる香ばしい風味が余韻まで長く続きます。シャルドネならではの気品と、上質なコニャックのほんのりとした風味が、他のスパークリングワインでは得られない官能や贅沢感を与えてくれます。生産者によるおすすめ試供温度は、8℃です。

Sparkling XO - スパークリングXO

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。