Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>FRENCH SPARKLING>Jaillance

Jaillance
ジャイヤンス

FRENCH SPARKLING Selection
OFFICIAL WEB :http://www.jaillance.com/  

 「クレレット・ド・ディ」は、コート・デュ・ローヌ中部、ドローム河流域で造られるワインで、地元特産のミュスカ(マスカット)を使った、ほのかな甘口のスパークリングワインを白眉とします。
 この地の中心であるディ村に拠点を置く「ジャイヤンス」は、フランスを代表する優良協同組合のひとつで、「クレレット・ド・ディ」の代名詞ともなっているトップブランドです。
 この共同組合は20年以上前から、総面積1112ヘクタール中およそ一割にあたる124ヘクタールの畑で完全無農薬栽培を実践しており、化学肥料や農薬を使用する畑から収穫したぶどうと、無農薬栽培の畑からのぶどうを別々に醸造し、別々に商品化しています。さらに2009年から3ヘクタールの畑でビオディナミを開始し、やはり個別に醸造した上で、最上位作品としてリリースを開始しましたので、私たちはこちらの作品に限定してご紹介します。
 バラの香りにも例えられるマスカットの風味は、ビオディナミによってより鮮烈に、豊満に感じられ、まるで新鮮なぶどうを丸ごと食べているようです。ほのかな甘みを伴う爽快な口当たりが、食欲を大いにそそります。

TECHNICAL NOTES

所在村
Die
醸造家
Olivier Rey
所有畑面積
1112ha
ドメーヌ継承年
1950年
栽培における特記事項
(弊社取扱い商品に限る) ビオディナミ(2012年に「demeter」認証取得)
醸造における特記事項
ISO9001(品質マネージメント規格)及びISO14000(環境マネージメントシステム規格)の認証を取得。収穫はすべて手摘み。除梗しない。ステンレスタンクを使用した清潔な醸造
販売先
フランス国内80%(ワインショップ、オーガニック食品専門店、個人のワイン愛好家(年間12万人がこの協同組合を訪問))、輸出20%(EU諸国、スイス、イギリス、フィンランド、カナダ、アメリカ等22ヶ国)
掲載実績のある海外メディア
「Guide Hachette」、「Decanter」等多数

PRODUCTS

Clairette de Die Tradition les Hauts de Brêt
クレレット・ド・ディ・トラディション レ・ゾー・ド・ブレ

標高約700mの丘陵畑より。ビオディナミ。平均樹齢25年。ミュスカ(・ブラン・ア・プティ・グラン)88%、クレレット・ブランシュ12%。「メトド・ディオワーズ・アンセストラル」(超低温によるアルコール発酵途中のワインをビン詰めし、6~12か月間で発酵を完了させ、炭酸ガスを閉じ込めるこの地伝統の秘法)によるスパークリングワインです。残糖56g/l(ほのかな甘みを感じる中辛口)。アルコール度数は約7.5%。作品名の「レ・ゾー・ド・ブレ」は、「ド・ブレ山麓の高標高畑」という意味です。

Clairette de Die Tradition les Hauts de Brêt - クレレット・ド・ディ・トラディション レ・ゾー・ド・ブレ

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。