Winery Introduction

INDEX>生産者紹介>CHAMPAGNE>Grongnet

Grongnet
グロンニェ

CHAMPAGNE RM Selection
   

 フランスの映画女優のような美人醸造家セシル・グロンニェが、愛情を込めて造るシャンパンです。「子供の頃は木製プレス機が遊び場でした。いつもシャンパンと共にある自分の人生を、誇りに思っています」という彼女。チャーミングな外見からは想像できない、煮えたぎるような情熱と職人根性をもって、畑仕事とシャンパン造りに打ち込んでいます。
 このRMが所在するエトージュ村は、「コート・デ・ブラン」の南、地域区分でいうと「コート・ド・セザンヌ」に属します。コート・デ・ブランと同様の白亜質にやや粘土質が加わる土壌のため、白亜特有の豊富なミネラルや酸に加え、力強い果実味と深いコクのあるシャンパンが生まれます。1500人以上のパリジャンたちが毎年彼女の新作を心待ちにしているというのも納得で、グロンニェはコート・ド・セザンヌ地区随一のレコルタン・マニピュランといわれます。
 2011年生まれの娘さん(ルイゾンちゃん)の育児と仕事を両立させながら、女性ならではの感性によって、優しく繊細なスタイルのシャンパンを造っています。

TECHNICAL NOTES

所在村
Etoges
醸造家
Cécile Grongnet
所有畑面積
14ha
ドメーヌ継承年
2014年(参画は2003年から)
栽培における特記事項
リュット・レゾネ栽培(化学肥料は一切使用しない)
醸造における特記事項
ステンレスタンクと木製の大樽で発酵・熟成
販売先
フランス国内50%(パリジャンを中心とする個人のシャンパン愛好家約1500人、ワインショップ、レストラン)、輸出50%(イタリア、ドイツ、スウェーデン、デンマーク、アメリカ、オーストラリア、日本)
掲載実績のある海外メディア
「Guide Hachette」等

PRODUCTS

Blanc de Blancs
ブラン・ド・ブラン

シャルドネ100%。平均樹齢30年。3分の2はステンレスタンクでマロラクティック発酵させ、3分の1は木製の大樽(33hl)でマロラクティック発酵させずに醸造。現在販売中のものは、2011年産が80%、5年分のヴァン・ド・レゼルヴが20%のブレンド。ドザージュは8g/l。コート・デ・ブランから続く白亜土壌基盤にコート・デ・セザンヌ特有の粘土質が加わることによる、豊かな果実味とコクをお楽しみいただけます。

Blanc de Blancs - ブラン・ド・ブラン

Blanc de Noirs
ブラン・ド・ノワール

ピノ・ノワール50%、ピノ・ムニエ50%。平均樹齢30年。原則として半分をステンレスタンクでマロラクティック発酵させ、半分を木製の大樽(33hl)でマロラクティック発酵させずに醸造。現在販売中のものは、2011年産が80%、5年分のヴァン・ド・レゼルヴが20%のブレンド。ドザージュは8g/l。「ピノ・ノワールは力強い果実味、ピノ・ムニエはフルーティーさとフィネス。これらをブレンドすることにより、よりバランスの良い、複雑な味わいのブラン・ド・ノワールになります」(セシル・グロンニェ)。

Blanc de Noirs - ブラン・ド・ノワール

Brut Rosé
ブリュット・ロゼ

ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネが3分の1ずつ(平均樹齢30年。いずれもステンレスタンクで醸造。2010年産が80%、5年分のヴァン・ド・レゼルヴが20%のブレンド)のシャンパン90%に、従兄弟がシャムリー(モンターニュ・ド・ランス)で造るピノ・ノワールを10%アサンブラージュ。ドザージュは8g/l。「私が造りたいロゼ・シャンパンは、きれいなピンク色で、優しい味わいのもの。シャルドネを3分の1加えることが秘訣で、ピノ・ノワールとピノ・ムエニの豊かな果実味を引き立てるための、きれいな酸と鮮度感が得られます。バランスが良いので、いろいろなお料理に合わせていただけると思います」。

Brut Rosé - ブリュット・ロゼ

Carpe Diem
カルプ・ディエム

シャルドネ60%、ピノ・ノワール17%、ピノ・ムニエ17%、ピノ・ブラン2%、プティ・メリエ2%、アルバンヌ2%。(2014年収穫分以降、ピノ・グリも加わる予定です)。平均樹齢30年。木製の大樽(33hl)で醸造。マロラクティック発酵は行っておりません。現在販売中のものは、2007年産が80%、5年分のヴァン・ド・レゼルヴが20%のブレンド。ドザージュは8g/l。2500年前のローマの格言だったという「カルプ・ディエム」は、「今を楽しむ」という意味。彼女自身が命名、ラベルもデザインしました。

Carpe Diem - カルプ・ディエム

Brut Millésime Special Club
ブリュット ミレジム スペシアル・クルブ

「Special Club」は、RM(自家栽培したぶどうで自らシャンパーニュを造る独立系生産者)の振興団体「Club Trésors de Champagne」に加盟する26のRM(2013年1月現在)が、良年に限って仕込む「ミレジム」を、共通のボトル(昔のシャンパーニュのボトル形状に着想を得た独自の重厚ボトル)および共通のラベルデザインによって展開する特別プロジェクトです。「ミレジム2004」のリリースに際し、16年ぶりにラベルデザインが一新され、よりシックでエレガントな外観となりました。(同プロジェクトの最初のミレジムは1971年(!)で、1988年にラベルデザインが変わり、今回が3度目の改定となります)。「グロンニェ」の作品は、ピノ・ノワール57%(ステンレスタンクで醸造)、シャルドネ43%(木製の大樽(33hl)で醸造)のブレンドで、マロラクティック発酵は行っておりません。ドザージュは6g/l。

Brut Millésime Special Club - ブリュット ミレジム スペシアル・クルブ

弊社取り扱いワインの商品説明等でこのページへリンクをされたい方は、以下のボタンをクリックする事でURLをコピーできます。